更年期障害にお悩みの女性へ|治療は選択出来る時代へ

サブメニュー

位置や形の特徴を知る

看護師

甲状腺は、のどぼとけ(甲状軟骨)の下あたりに、気管(空気が通る呼吸器感)を前面から側面にかけて取り囲むようにはりついています。女性は首の中央部、男性はそれよりやや下に位置しています。蝶が羽を広げたような形をしており、主に、右の右葉、左の左葉、中間の峡部で構成されています。正常なときは親指2本を並べたほどの大きさです。また全体の重さは15〜20gです。また、甲状腺の裏側には、小さな米粒ほどの副甲状腺が、左右上下に1個ずつ、計4個あります。甲状腺ホルモンとは、人間が健やかに生きていくために欠かせない情報伝達物質です。このホルモンをつくり、体内の必要とする部分へ届けるシステムが内分泌で、甲状腺はもっとも大きな内分泌器官です。

甲状腺には、胃や心臓などほかの臓器にはない特徴があります。体の表面に近いところにあるため、異常が起こると、外から見たりふれることで情報を得ることができます。一つは「はれ」です。いままでなかった首のはれを自分で見つけたり、ほかの人から指摘されて、それが受診のきっかけになることがあります。また、甲状腺は、通常は平たくやわらかで、筋肉におおわれているため、首の皮膚を外から触っても分からないのですが、病気になってかたくなると、手で「しこり」が分かるようになります。このような「はれ」や「しこり」は、医師を受診し、触診によって見極めてもらう必要がありますが、正しい位置や形を知ることは、病気を早く気づくためにも大切です。